FC2ブログ

趣味の記録とか

趣味記録用ブログ

09月 « 2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス登山 4日目

2018年 08月11日 14:24 (土)

北アルプス登山、最終日となる4日目。
この日は双六小屋を出発し、笠ヶ岳登山後、新穂高へ戻る。
01_20180811140335654.png
距離にして20km程度。

この日も朝4時、まだ暗い時間での出発。
IMGP1482-0_201808111406040b4.jpg
鏡平手前の残雪の場所にて朝日が登り始める。

山も赤くなり始める。
IMGP1482-1.jpg

進むうちに、赤さも消える。
IMGP1482-2.jpg

途中、崩落等もあった。
IMGP1482-3.jpg

途中通る秩父平。ここは綺麗な場所だった。
IMGP1482-4.jpg

この尾根沿いに進めば、奥に見える笠ヶ岳へ行ける。
IMGP1482-5.jpg

写真真ん中上には笠ヶ岳山荘。
この山荘は随分高い位置にある。
IMGP1482_s.jpg

山頂にて。
この日は雲が多く、山頂は雲が取れたりかかったり。
IMGP1482-6.jpg

雲間から見える景色は壮大であった。この道を左奥、遠くから歩いてきた。
IMGP1482-7.jpg

IMGP1482-8.jpg

こうして今回の登山は終わった。
帰りは笠新道を使ったが、これがまた大変だった。
考えてみれば、富士山の車で行ける五合目から山頂までの高低差は1300m程度だが、
笠新道で1600m程度一気に下っているわけだから富士山の下山より辛い。道も悪いしで。
参考タイム4h30mの間、ひたすら急な下りが続く。。

今回もいい経験だったと思った登山。
次の登山はテントを担いで登ってみたいと思ったのだった。
スポンサーサイト

北アルプス登山 3日目

2018年 08月06日 22:27 (月)

北アルプス登山の続き。

3日目。
ルートとしては黒部五郎小舎を出発し、黒部五郎岳に登り、
その後三俣蓮華岳、双六岳を経由して双六小屋へと向かう。

まずは黒部五郎岳。
黒部五郎小舎に荷物を預けての登山。
01_20180806215652eb8.png

黒部五郎岳は氷河により削れた地形、カールがみられる。
カールコースと稜線コースが有り、カールコースが推奨ということで行き帰りともにカールコースでの登山。

この日も朝4時に出発し、山に登る前に日が登り始める。
IMGP1438-0.jpg
先のほうから赤く染まる黒部五郎岳。

山の上に昇る太陽。
IMGP1438-1.jpg

花も赤くなり始める。
IMGP1438-2.jpg

中腹から見下ろすと、削れていることがわかる。
IMGP1438-3.jpg

この日が最も天候に恵まれていて、遠く立山や剣岳なども見ることができた。
IMGP1438-4.jpg

黒部五郎岳山頂からの景色。
川が見れる。
IMGP1438-5.jpg

下山し、日が昇ったあとに見る景色。
IMGP1438-6.jpg

黒部五郎小舎にて荷物を受け取り、三俣蓮華岳、双六岳、双六小屋へ移動する。
02_201808062212423fc.png

道を進む。
IMGP1438-7_20180806220234871.jpg

三俣蓮華岳の山頂。
IMGP1438-8.jpg
ここは非常に周囲の山が見えて、剣岳に穂高岳、鷲羽岳に水晶岳、黒部五郎岳、薬師岳、笠ヶ岳等など、数々の百名山が見える。

鷲羽岳に水晶岳
IMGP1438-9.jpg

続いて、奥に見える双六岳に移動。
IMGP1438-10.jpg

双六岳は残念、ちょうど雲がかかっていた。
IMGP1438-11.jpg

双六岳から双六小屋へと移動。
IMGP1438-12.jpg
風の通り道。

双六小屋に到着。この日、なかなかの混雑具合。
夕食後、夕日に染まる槍ヶ岳が見たいということで、近くの山、樅沢岳を45分コースのところを20分程度で急いで登る。

遠き山に日は落ちて、
IMGP1438.jpg

赤みを失っていく剣岳
IMGP1438_20180806222428dd7.jpg

この日は13kmの程度登山をして終わる。残りは笠ヶ岳。

北アルプス登山 1~2日目

2018年 08月05日 16:14 (日)

7/31(火)〜8/3(金)の3泊4日で登山行ってきたということでその記録(久々に)。
今回は北アルプスの百名山、鷲羽岳、水晶岳、黒部五郎岳、笠ヶ岳の4つに登ってきた。

宿泊は久し振りの山小屋。
夕食は山小屋で済ませ、他の分の食事については持っていくことに。
水場はそこそこ多いため、手持ちの水は2Lで済んだものの、
4日分の食料やら着替えやらで荷物の重さは合計13Kg程度。
毎日そこそこハードは登山となった。

一眼を持ち歩くのも大変ということで、今回は昔に買ったPENTAXのタフなコンデジ。
(写真確認してみたが、やはり風景写真はちょっと厳しかった)

1日目。
ルートとしては新穂高をスタートし、鏡平、双六小屋を経由し、三俣山荘まで移動する。
夜中に家を出発し、5時に登頂開始。
01.png


新穂高にてセンターにて登山届。
IMGP1212-0.jpg

まだ雪の残る道を進む。
IMGP1212-1.jpg

雪の上を歩いたりも。
IMGP1212-3.jpg

鏡平池に到着。
IMGP1212-2.jpg
雲がかかっていて槍ヶ岳等は見えず。

初日は車で夜中移動していたこともあり、2時間睡眠状態で登山していたため、
ヘトヘト状態で双六小屋にたどり着く。この時点で14時。
IMGP1212-4.jpg
すでにテントを張っている人たちもちらほら。

双六小屋で1泊も考えたものの、後の工程がきつくなるということで、
頑張って三俣山荘を目指す。

三俣山荘巻道を進む。
IMGP1212-5.jpg

三俣山荘に到着。この時点で16時。
IMGP1212-6.jpg
奥に見えるのは鷲羽岳。

初日は大荷物かつ睡眠不足で、18Kmの移動、Runkeeper情報だと標高1100mから2700mまで
上がっているので、なかなかにハードな一日となった。
(Runkeeperの標高は高めに出るので、実際はそんなに標高高くないはず)


2日目。
ルートは三俣山荘をスタートし、鷲羽岳、水晶岳を登って
三俣山荘に戻ってくる。大体10km
02.png
三俣山荘に荷物を預け、最低限のものだけ持って朝4時登頂開始。

山の中腹にて朝日が登り始め、山が赤くなり始める。
IMGP1333-1.jpg

鷲羽岳はカルデラによる池があったりする。
IMGP1333-0.jpg

ちょっと雲が多め。
IMGP1333-2.jpg

遠くに黒部五郎岳が見える。
IMGP1333-3.jpg

そして山頂。山頂に到着した頃には日は出てしまっていた。
IMGP1333-4.jpg
左奥に、次に登る水晶岳が見える。

雲が多かった、ということで幸運にもブロッケンを見ることができた。
IMGP1333-5.jpg
太陽光が雲に当たることで、自分の影とその周りに虹ができる。
写真だとぼんやりだが、なかなかに神秘的な光景だった。

その後、水晶岳を目指す。
雲が消えて槍ヶ岳や穂高がよく見える。
IMGP1333-6.jpg

鷲羽岳も遠くなってくる。
IMGP1333-7.jpg

そして到着水晶岳山頂。
IMGP1333-8.jpg
今回の4つの百名山の中では一番標高が高い。

この日、滑落事故があったとかで救助のヘリが来た。
IMGP1333-9.jpg
ヘリが目の前。風で石などが飛んで危ないということで、山頂にて待機を命じられる。

無事救助活動を終えて、ヘリが去っていく。
IMGP1333-11.jpg

山頂から眺めて、結構歩いたな、と実感する。
IMGP1333-10.jpg

水晶岳から再び三俣山荘へ移動を開始。
朝多かった雲も減り始め、薬師岳もよく見える。
IMGP1333-12.jpg

同じ道を途中まで戻り。
IMGP1353-0.jpg

途中で沢コースを歩く。黒部川の源流。
IMGP1353-1.jpg
沢は水が有る分花が多い。

三俣山荘で預けていた荷物を受け取り、2日目に泊まる黒部五郎小舎へ移動。
03.png
この日の移動は14km程度だったらしい。
移動途中雷鳥も見れたりした。

この後、3日目、4日目で黒部五郎岳と笠ヶ岳に登る。

山口福岡大分旅行記 6日目別府地獄めぐり

2015年 10月17日 22:02 (土)

山口福岡大分旅行記もようやく終わり。

最終日は別府。別府といえば地獄めぐり。
バスで周ろうと考えていたが、どうも駅で電動自転車が借りれる、ということで自転車で周ってみることにした。
距離的にも自転車で十分だし、町並みも楽しめるし、バスの待ち時間も無い。
そしてやっぱり楽しかった。別府は自転車で周ると良い。

一番のメインはここ。
IMG_8762.jpg
きれいなオーシャンブルーの海地獄。

全部周ってみたがやはりここが一番きれいだった。
IMG_8774.jpg

施設内には蓮園も。
IMG_8792.jpg

赤いのもあった。
IMG_8795.jpg

海地獄の場所には他に2つ、合計3つの地獄がある。

ここは鬼石坊主地獄
IMG_8891.jpg

お湯には粘り気があり、下から空気が出て、ボコボコしている。
カメラで連写で撮ってみるとなかなかおもしろい。
IMG_8878.jpg

ここはしょぼかった山地獄
IMG_8898.jpg

地獄に住まう生物。
IMG_8911.jpg

地獄猫。
IMG_8921.jpg

地獄の門番。(入り口で受付してた猫)
IMG_8923.jpg

確かかまど地獄。
IMG_8926.jpg
時々色が変わるらしい。

ワニ地獄。
IMG_8937.jpg
おかしい、温泉めぐりしているはずなのに、動物園に来ている感覚だ。

白池地獄。
IMG_8941.jpg

少し離れた場所にある血の池地獄。
IMG_8951.jpg

龍巻地獄。
IMG_8958.jpg


そんな感じで案外あっさりと地獄を制覇。
暇だったので、適当に自転車でぶらついていたところ、見晴らしの良い場所があった。
IMG_8964.jpg
温泉街らしく、あちらこちらで白い煙が上がっている。

猫もいっぱいいる。
IMG_8974.jpg

自転車で汗だくになった。
旅の最後は温泉に。
IMG_8975.jpg
この老舗温泉、なんと入浴料100円。そのかわりシャワーも何もない。
桶だけはあるので、お風呂からお湯をすくって、身体や髪を洗い流す。
しかし、なかなか風情のある温泉だった。男湯は外からも丸見えである。

バスに乗って、大分空港へ移動する。
空港で見かけたキャラクター。
IMG_8980.jpg
スイ・・・いや、マーシャルくんだね。

今年の夏休みはそうして終わった。リュックサック1つで出かける一人旅はやはり良い。
次はどこへ行こうか。

山口福岡大分旅行記 5日目別府

2015年 09月23日 22:35 (水)

5日目に突入。
この日は午前中は由布院、午後に別府へと移動となる。

花が咲いていた。今日も天気は良いらしい。
IMG_8705.jpg

由布岳の頭まで見える。
IMG_8707.jpg

一番栄えているところを歩いてみる。
IMG_8718.jpg
やっぱり軽井沢ぽかった。

由布岳の登山口を発見。
IMG_8721.jpg
登山道具持ってきておけばよかったなーとちょっと後悔。

有名店らしい。姉からさんざんプリン買ってこいと言われたところ。
IMG_8735.jpg
うまかった。もちろんおみやげは買っていない。

駅前からよく見える
IMG_8736.jpg

由布院から別府へはバスで移動したほうが楽らしいが、電車に乗ってみたくなったので乗ってみた。
IMG_8739.jpg
あまり混むことは無いだろうと思っていたが、結構学生が乗ってきた。

そんな感じで別府に到着。
IMG_8744.jpg

この日は翌日に向けて移動手段のレンタルを済ませた。
温泉気持ち良い。そして温泉上がりのビールはたまらない。
IMG_8752.jpg

そして最終日は地獄。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。