スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

山口福岡大分旅行記 5日目別府

5日目に突入。
この日は午前中は由布院、午後に別府へと移動となる。

花が咲いていた。今日も天気は良いらしい。
IMG_8705.jpg

由布岳の頭まで見える。
IMG_8707.jpg

一番栄えているところを歩いてみる。
IMG_8718.jpg
やっぱり軽井沢ぽかった。

由布岳の登山口を発見。
IMG_8721.jpg
登山道具持ってきておけばよかったなーとちょっと後悔。

有名店らしい。姉からさんざんプリン買ってこいと言われたところ。
IMG_8735.jpg
うまかった。もちろんおみやげは買っていない。

駅前からよく見える
IMG_8736.jpg

由布院から別府へはバスで移動したほうが楽らしいが、電車に乗ってみたくなったので乗ってみた。
IMG_8739.jpg
あまり混むことは無いだろうと思っていたが、結構学生が乗ってきた。

そんな感じで別府に到着。
IMG_8744.jpg

この日は翌日に向けて移動手段のレンタルを済ませた。
温泉気持ち良い。そして温泉上がりのビールはたまらない。
IMG_8752.jpg

そして最終日は地獄。

| 未分類 | コメント(0)

山口福岡大分旅行記 4日目由布院

さて博多をスタートとする4日目。
午前中に博多を周ってみる。

大濠公園という大きい公園があるということでぐるっと歩いてみた。
IMG_8579.jpg
思ったより広く、そして暑い。

長い
IMG_8592.jpg

大濠公園近くの護国神社で子供が遊んでいた。
IMG_8594.jpg
平和だ。

公園に福岡城跡が隣接しているということでそのまま歩いてみる。
結構歩かされたがそのてっぺんは結構高いところにあった。
IMG_8602.jpg
福岡ドームや福岡タワーが見える。

そのまま天神まであるき、そこから電車に乗って博多駅へ。
次の目的地大分県の由布院へ向けて、移動を開始する。

事前に調査を全くしていなかったのだが、どうやら直通の電車があるということで利用してみる。
IMG_8619.jpg
これが非常に快適で、車内に無料で利用できるWi-Fiまで完備されていた。

だいたい2時間程度乗っただろうか。
由布院に到着。
IMG_8633.jpg
なんとなく軽井沢を思い出す雰囲気。

駅には人が結構多い。
IMG_8636.jpg
日本人は少なかった。この時期は外国人が多いらしい。

地ビールを買った後、その日の宿泊地へ向けて、歩く。
由布岳が綺麗だった。
IMG_8649.jpg

民宿へ向けて歩いていると、どんどん建物が無くなっていく・・。
IMG_8672.jpg

夏の田舎は良い。
IMG_8676.jpg

民宿、宿泊費は3000円だった。安い。もちろん温泉には入れる。
DSC_0490.jpg
こういうのが旅らしくて好きだ。

なんだかランニングしたくなったので、夕食前にランニング。
DSC_0492.jpg
一日が終わる。

キッチンを使えるとのことで、この日はスーパーで食材を買ってきて、
調理してビールを飲んだ。うまい。
DSC_0493.jpg

旅も終盤。

| 未分類 | コメント(0)

山口福岡大分旅行記 3日目福岡

下関からスタートする3日目。
この日は関門トンネルをわたって福岡入りとなる。

時間的に余裕もあったので下関を適当に歩きつつ関門トンネルを目指すことにした。

下関の至るところにあるマンホール。
IMG_8453.jpg
下関のフグ推しはすごい。

高杉晋作の像があるとかで、見に行ってみる。
IMG_8456.jpg
何でも高杉晋作は最期この地で終えたらしい。

高杉晋作の像があるあたりはすごく複雑な地形だった。
像は丘の上にあるのだが、その丘にそって複雑に住宅が密集していた。歩いているだけでおもしろい。
おとなしい犬もいた。
IMG_8459.jpg

歩いていると橋が大きくなって見えてくる。
IMG_8466.jpg

相変わらずのフグ推し。
IMG_8471.jpg

またフグ。
IMG_8476.jpg

世界一大きいフグの像らしい。
IMG_8481.jpg
まぁこういうの作るの下関くらいだろうから世界一もうなずける。

橋の近くから巌流島への船が出ていた。
IMG_8474.jpg
結構手軽に行けるらしい。

歩いている時に見かけたのだが、棒の出ている位置があれだなと。。
IMG_8485.jpg

関門トンネルの案内は北九州と書いてあって面白い。
IMG_8495.jpg

いざトンネルへ。
IMG_8496.jpg

徒歩で渡るのは無料。
IMG_8497.jpg

北九州の玄関口は門司港というところだ。
IMG_8499.jpg
トンネルのスタート地点に門司とかいてある。

そして県境。
IMG_8500.jpg
海の中に県境がある。
このトンネルはランナーが結構いるらしい。走っているおじさんおばさんたちを見かけた。

トンネルを抜けた後、トロッコ列車に乗って門司港へ。
IMG_8514.jpg
門司港はあまり大きくないが、結構楽しい町並みが広がっている。

昼間から飲むビールはうまい。
IMG_8520.jpg

ここで瓦そばというものを食べた。
IMG_8523.jpg
もともと下関で有名な料理らしいが、食べるタイミングがなかったため、ここで食べた。
瓦は暑く熱せられており、徐々にそばが硬い焼きそばになっていく。
初めは普通のそば、最期は固く焼きあがったそばを楽しむことができる。

入らなかったがSLが飾られていた。
IMG_8535.jpg

門司港をひと通り楽しんだ後、福岡へと向かう。
IMG_8542.jpg

電車に揺られること80分程度だったか。昼過ぎに博多入り。
IMG_8546.jpg
博多は思っていた以上に大都市だった。横浜くらい。

暇だったので、福岡タワーへ行ってみる。
途中にあったサザエさん通り。
IMG_8550.jpg
しかしサザエさん要素が全くない通りだった。

福岡タワーに登ってみる。
IMG_8554.jpg

あまり大したことのない景色が広がっている。
IMG_8558.jpg
800円くらい払った記憶だが、正直な感想として価格の割になんだかなーと言った感じ。

暇だったのでそこから福岡ドーム、現ヤフオクドームへ歩いてみる。
IMG_8565.jpg
ドームは完全にしまっていたが、周囲に色々設置されていた。

その後、特に周る場所も無かったので、博多ラーメンを食べに行ってみる。
有名店へ行ってみたところ、「新人研修のため、本日1日おやすみします」の文字。
まさかちょうどこういう日にぶち当たるとは・・と落ち込んだ後、その次くらいに有名なラーメン店に行ってみた。
もちろん美味しかった。あの博多ラーメン特有の臭さを持つとんこつラーメン。濃厚な味。替え玉も頼みとても満足。

その日の夜は角島で買ったきり、飲む機会を逃していた地ビールを飲んでの就寝。
IMG_8569.jpg

そして翌日は大分県へと向かう。

| 未分類 | コメント(0)

カンボジア旅行記3 -アンコールトム:バイヨン周辺

もう気づいたら2月半ばですね。。
徐々に旅行の記憶が、、

さて、バイヨンを出てその周辺の探索。
アンコールトムはとにかく広いのです。

敷地内には道路があり、車が走っています。
IMG_7172resized.jpg

相変わらず、スゴイ積載量ですね。
IMG_7175resized.jpg

こちらは象のテラス。象は神聖なものなので、至るところにいます。
IMG_7154resized.jpg

壁に描かれた素晴らしい彫刻の数々。
IMG_7164resized.jpg

アンコールトム内にある、集落?というか、出店のようなところへ移動。
犬はアチラコチラにいますが、この色は暑そうですね。
IMG_7178resized.jpg

お昼にバナナ&ヤシの実のジュースを購入。
IMG_7182resized.jpg
日本で見るバナナとはなんだか違った感じです。

王宮跡への道。
IMG_7220resized.jpg
当時木造だったという王宮はもう残っていません。
木々に囲まれていていい感じの雰囲気でした。

そんなこんなでアンコールトムを後にし、再びトゥクトゥクに乗って、アンコールワットへ移動。
アンコールワットは午前中行くと逆光になるため、午後に行ったほうが良いんだとか。

こちら入り口ですが、やはり人が多い。
IMG_7228resized.jpg

入り口を抜けると更に人が多い。
IMG_7233resized.jpg
中国人、韓国人が多めです。

アンコールワットに入る前にまずはトイレ。立派な水洗式トイレでした。
IMG_7234resized.jpg
・・・おそらく右側にたまっている水を設置されている桶ですくって流せ、
ということかと思うのですが使い方がよくわからなかったです。

そして、アンコールワットへ。想像以上にスゴイ場所でしたここは。
次回に続く。。

| 未分類 | コメント(0)

筋トレ トレーニングメニュー考えてみた

先日、本屋で筋肉トレーニングに関する本を読んでいました。
そこには興味深い記事がありました。なんでも、
『1つの部位の筋肉トレーニングは週2回がBEST!』

研究によると、週1回、2回、3回で行ったところ、結果として2回がベストだったとのこと。
3回より効果があるということには驚きました。

一度筋トレを行ってから、48〜72時間休息を設けるのがベストとのこと。
また、休みすぎるのもだめで、上記の時間は筋肉の修復が終わるくらいの時期らしく、
その修復が終わるくらいの時期に再び負荷を与えるのがとても効率的とのこと。

トレーニングで鍛える部位のローテーションを組むのがいいみたいですね。
それらを踏まえて、自分なりのメニューを考えてみました。
多分1日10分もあれば終わるメニューです。短時間に集中的にやるのがいいと思います。
もしトレーニングをしてみたい人がいれば参考に。

[必要なもの]
・ダンベル
(ダンベルの重さについては前回の記事を参考にしてください)

【月】
腕:スタンディングダンベルカール (参考リンク
足:フルスクワット (参考リンク

【火】
肩:ダンベルサイドレイズ (参考リンク
腹:ツイスティングシットアップ (参考リンク
  レッグレイズ (参考リンク

【水】
胸:プッシュアップ (参考リンク
背:ダンベルロウ (参考リンク

【木】
腕:ダンベルスクリューカール (参考リンク
足:フロントランジ (参考リンク

【金】
肩:ダンベルラップライトロウ (参考リンク
腹:クランチ (参考リンク)
  サイドベンド (参考リンク)

【土】
胸:プッシュアップ (参考リンク
背:ライイングバッグアーチ (参考リンク


日曜日は思いつかなかったので、適当に。
この他、ランニングを2日に1回ペースでしようかなと。
ランニングを続けていて思ったのは、始めた当初は筋力つきますが、
やはり自分の体重程度だと途中からあまり筋肉つかないですね。
軽いランニングは疲れをとるのにも効果的なので、お勧めです。

ダンベルを使わないトレーニングは基本的に自重でのトレーニングですが、
自重だとどうしても限界が来ます。
ダンベルを持った状態でトレーニングしたり、私が持っているような10Kgベストなどを購入し、
自重を増やしてトレーニングすると効果的かと思います。

一番いいのはトレーニングジム行って機械使うことですが、それだとお金と時間かかりますね。
これやってるだけでもかなり力はつくかと思います。

| 未分類 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。