スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ブラックと経済

いきなり

■気になるニュース
・脱ブラック企業――「グッドジョブ戦略」という型破りな考え方
ITは雇用の形態を大きく変えましたね。
ITの一番の売りは人件費というコストの削減です。
これって何かというと、人の仕事を奪うことです。

さて、人件費とは何かというと主には人が生きるために必要な給料です。
この人件費がなくなるということは人の仕事がなくなる。給料がもらえない人が増える。
その結果、人は仕事にあぶれ、お金が無いから物が売れなくなる。
物が売れなくなれば、需要に対して供給量が増える。価格競争が増える。物が安くなる。
物を安くするためにさらに人件費等を削る。
といった感じにここ数年でデフレがかなり起こった気がします。

人を潤沢に使う仕事はなくなっていき、人は仕事を選んでられなくなる。
そしてブラック企業が増えていく。

記事に出てきますが、Amazonはかなりのブラック企業らしいです。
聞いたところによると、倉庫で働いている人は一日立ちっ放しで毎日平均20kmくらい歩かされるそうです。
山手線半周くらいですね。重い荷物を担いだりして。
安さには秘密があるわけですね。


こんなことは産業革命のときから起こっていて、
チャップリンもモダンタイムスという映画の中で皮肉ってますね。

このITによる効率化、コスト削減は一見、得するのは資本家、経営者とも見えるんですが、
実は全体的に見ると経営者自らも首を絞めていることに気づきます。

経済的と人の雇用について、ITはあまりよいものをもたらしていないんじゃないか、
と最近考えることがあります。


でも技術的に見ると、ITはすばらしいものです。
人の仕事は奪われてるわけですが、これってつまり、
人が働かなくても世界を回すことができるということですよね。

だから、ITの発展とともに、経済の仕組みそのものを見直さないといけないんじゃないかなとぼんやりと考えます。

誰も働かなくても良い世界。そんな未来を思い描いたことのある人は結構いると思います。
技術が進めばそれはありえるかもしれません。でも経済的に見てそれは可能なのか?

今の社会の仕組みだと、人は働かないと生きていけない。


第一、今の経済の仕組みは大量消費しないと回らない仕組みなんですよね。
もったいない精神とか、物を大事にするの精神は経済にとっては邪魔になってしまう。
レストランに行って、食べ物を残すことはもったいないけど、
レストラン側からすれば、いっぱい注文してもらえばその分資金が入るわけで、
レストラン側からすれば残すほど注文してもらったほうが良い。

資源は限りがあるのに、とにかくいっぱい資源を集めて、とにかく生産を繰り返す。
そうしないとまわらない経済。

目先の利益のことだけ考えず、色々考え直さなければいけない時が来ているのかもしれません。



ピアノ高校位から始めてますが、最近になってようやく2/4と4/4拍子の違いを知りました。
未だに楽譜の読み方が良く分かりませんが。。
あとハノンピアノ教本で毎日トレーニングしてるのですが、本気で初めて2週間くらいで
驚くくらい指が前よりしっかり動くようになりました。
ハノンピアノ教本は言ってみれば指の筋トレです。筋トレ大好きです。
ハノンのトレーニングを続けていたおかげで、腹筋もかなり割れてきました。


そういえば、資本論に興味を持ったきっかけはやる夫だったりします。
・やるおが『資本論』を読み始めたようです
・やるおが『資本論』を読み始めたようです2
・やるおが『資本論』を読み始めたようです3
やる夫を侮る無かれ。結構勉強になります。
ちなみにかなり長いです。
たぶん大学時代くらいに読んでるので何が書いてあったかもうあまり覚えてませんが。
一時期やる夫で学ぶシリーズ人気ありましたね。

| 意見 | コメント(1)

3Dはいらない

土曜日の深夜。あれは4時くらいだったか。
夜更かしをしてPCをいじっていた。
ここ最近は暑いことから、いつも窓を全開にしている。
クーラ嫌い+夜風が好きな私としては、これが夏のスタンダード。

ふと気付くと、何か煙のようなにおいがする。
モニタから目を離し、後ろを振り向くと、部屋に煙が充満していた。
それはもう、視界が悪いレベルで、部屋が煙に満たされていた。

何事か、と思い外を見てみる。
そしたら、なんとマンションの隣人がベランダで花火をしていたのである。

カップルと思われる笑い声と花火のバチバチとした音。
あまりにも常識外れ過ぎて、一瞬事態を受け入れられなかった。

事態を把握した後、沸いてきた感情は怒りではなかった。
なんだか楽しくなってしまった自分がいた。
自分のことでありながらもこの感情は不思議だと思った。

なにはともあれ、部屋が煙ですごいことになった。
天井を見上げると、煙探知センサーがある。
まさか、これが反応したらまずいぞ・・・。

窓以外に玄関のドアも開放し、段ボールであおいで煙を追い出す。
ほんと、勘弁してください。



そんな休日だったが、その日、パイレーツオブカリビアンの新作を見に行った。
感想として、前作を見てなかったゆえに、登場人物が分からなかった。

あと3Dについて。
この映画は3D版を見た。

もう多くの人が考えていることかもしれないが、やはり3Dはいらないと思う。
いくつか3D映画というものを見てきたが、
映画を見てる最中に、毎回メガネをはずしてみているタイミングがある。

単純にメガネは邪魔だ。それと、映像にやっぱり集中できない。
慣れというものもあるのかもしれないが、どうしてもあれは疲れる。
画面は暗くなるし、目に違和感を感じ続けながら映画を2時間もみることはつらい。

最近の映画は3Dにはすれど、3Dを活かそうと作っているとは思えない。
唯一、アバターに関しては3Dで良かったと思ったが、他の映画は、
3Dもついでに用意してみましたとしか感じられない。
3Dを活かした演出がほぼ無いし、それだったら3Dの意味がまるでない。

おそらく、近いうちにこの3D需要は無くなると思う。
画期的なアイディアがあれば別だが、今の流れのままだとおそらく無くなる。

3D映画を作っているといる理由は「3Dを作れば売れる」というより、
「売れるようにいっぱい作って流行らせる」という戦略的な部分もあるわけで、
ここまでコストを費やして、これだけ時間が経ってもいまいち流行っていない感じがある故、
やはりなくなっていくのだろう。

| 意見 | コメント(0)

眠い

キョロちゃん、チョコボール20箱、衝動買いしたけど、
チョコあまり好きじゃないから、全然減らない今日この頃。

最近あったことといえば、先日徹夜勤務してそのまま翌日仕事しました。
移動の関係もあって、電車内で30分くらい寝たけど眠い眠い。

しかし、自分は結構徹夜堪えるんですが、周りの上司やらを見てると
全然大丈夫そうで、お前若いのにダメだな、なんて言われます。

慣れなのか??

しかし、先輩方を見てると、自分はこのまま一生この職でやっていけるのか不安になったりします。
今はまだ週末でケロッと回復するけど、40、50になって徹夜して仕事できるんだろうか。

出身は田舎な自分としては、東京の人は働きすぎだと思います。
夜12時でも仕事帰宅ラッシュ。ぎゅうぎゅうになって電車に乗ります。
みんな死んだような暗い顔してます。

実家の両親は大体17時~18時くらいに帰宅してました。
田舎ってそういうのが結構普通だと思います。


以前、上司との面接をしたときに、昇格したいと思わないと言ったら驚かれました。
周りを見てると、昇格する気ない人が多いように見えますが、やっぱり世代なんですかね。

そんな私に対して、先輩方はゆとり世代と言ってましたが。

思い出してみると、ドラマにしても「仕事一筋」で家庭やら恋人を大事にしないひとが
悪く扱われることが多かったですね。
そういうのを見て育った私たちが「仕事一筋」をかっこいいと思うわけも無く。

ゆとり教育といっても、別に教育の体系はそこまで変わってないと思うんですが。(詳しくは調べてないが)
むしろ、いわゆるゆとり世代を生んでるのは社会全体の環境だと思います。

それは「親」だったり、上記の例の「ドラマ」等、「社会そのものの雰囲気」だったりと。

あとは「夢を持とう」という雰囲気を作ったのも、いい面がある一方悪い面もありました。
仕事をするってことは、前提は「生きるため」にすることですから。
「生きるため」には妥協は必要です。その辺は人それぞれが考えを持ってると思います。


考えがまとまらず、久々にだらだらと書きました。
深夜2時。危険な時間帯ですね。。

| 意見 | コメント(0)

差別化

携帯会社がSIMロック解除するとかいう話。
携帯電話については全く知らなかったのでちょいと調べたら、
SIMロックは特定のハードで特定の通信会社のものを使うように制限する仕組みっぽい。
docomoのハード買ったら通信会社はdocomoになるとかそういう仕組み。

うーむ、、、また企業の差別化が難しくなるようなことをするわけですね。
近頃、互換性良くするのも考え様だと思っている。
互換性良くすると価格競争起こりやすい。安さで勝負。
コンシュマーには良いかもしれないけど、企業には打撃があるし、
企業に影響あれば社員に影響がある。
結果的に経済悪くなればコンシュマーにもそれが降りかかるわけで。
安くなることって良い事じゃないですよね。デフレスパイラルって良く聞きますが。


最近ではそうでもないんだけど、Apple社って互換性持ってなかったですよね。
あれってあえて互換性持たないようにしてたと思うんです。推測でものを言うのもなんですが。
互換性持たないということは、一つの製品。他にはない製品になるわけです。

「MacはMacであってPCではない。」

こういう言葉を聞いたことがあります。


今日ふと思ったので、勢いで書きました。

| 意見 | コメント(0)

共感

0時30分に仕事から帰ってきて、7時に家出ますって結構堪えるね。
最近深夜残業がちょくちょくあります。


さて、最近思ったんですが。

インターネットって負の方向に精神が動いていくよね。
2chとか、そういうの見てて思ったんです。

インターネット上って愚痴が多いです。
匿名で情報を排出しあう掲示板になるとなお更。

不幸話って盛り上がります。幸福話より、不幸話のほうが人は食いつきます。
言うほうもすっきりするんでしょう。愚痴ってそういうものですよね。

そんなわけで、掲示板の傾向として負の部分ばかりが蔓延しているように感じます。

ブラック企業がどうだとか、なんだとか。
周りにこんな人がいて酷い、だとか。

まぁ確かにそういったブラック企業のネタなど、それは事実なんでしょう。

でもそれって、あくまで一部の事実なんですよね。
そういったネタってインパクトがあるから、記憶には残るんでしょうが、あくまで一部ですよね。

あの国はだめだとか、そういった話にしたって、負の部分ばかりですが、あくまで一部。


負の共感といいましょうか。
掲示板におけるやり取りは、負の共感をどんどん生んでいきます。
その負の共感が社会そのものを負の方向へ運んで行ってるように、この頃感じます。

| 意見 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。