スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ハツ

最近気づいたのだが、ハーツというゲームが結構面白い。
WindowsXPに入っているカードゲーム。

暇なときについ始めたらはまってしまった。
そこそこ戦略あっていいねこれ。
面白いゲームって運要素と戦略のバランスが良いゲームだと思う。
麻雀とかってそうだよね。

しかしトランプってすごい。
かなりのゲームがある。

トランプのカードゲームをひたすらやってみるっていうのも楽しいかもね。

あまり有名でないのだと、ページワン、アメリカンページワンが面白い。

| 日記 | コメント(0)

SambaとSELinux

HDDケースがまだ来ない。
もう注文して早2ヶ月。
納期は3月~4月上旬とのことだが、もうその時期は過ぎ去った。
注文先からは何も連絡は無い。

そろそろ堪忍袋の尾が切れそうだ。もうしばらく様子を見てみるが。

さて、HDDケースを待っていてもしょうがないので、
前から気になっていた Samba を入れてみることにした。
これはWindowsとファイル共有ができるというもの。

今現在FTPの準備ができていて、確かにFTPを使えばファイルをLinuxマシンに転送できるのだが、いちいちFTPクライアントソフトを使用するのはめんどくさい。

そこで、Windowsのフォルダ感覚でLinuxのディレクトリを使えるようにするために Sambaを入れてみた。

設定自体は非常に簡単。
ちなみにこちらのサイトを参考に設定した。

本当に簡単。Windowsワークグループにもディレクトリが表示されるようになった。
Linuxマシンのファイアウォール開放を忘れずに。
(これしないとワークグループ表示されません)

しかし、
「アクセス権がありません」

これにつまずいた。
何度やってもコレ。ディレクトリのアクセス権限を設定してもダメ。

なんだろうな、コレと思い、また・・・あれなのかなと。

そうSELinux。

こいつのせいでFTP設定するときも問題が出た。

で、Sambaのコンフィグファイルをよく読んでみると、

------------------------------- 引用 ----------------------------------
# SELINUX NOTES:
#
# If you want to use the useradd/groupadd family of binaries please run:
# setsebool -P samba_domain_controller on
#
# If you want to share home directories via samba please run:
# setsebool -P samba_enable_home_dirs on
#
# If you create a new directory you want to share you should mark it as
# "samba-share_t" so that selinux will let you write into it.
# Make sure not to do that on system directories as they may already have
# been marked with othe SELinux labels.
#
# Use ls -ldZ /path to see which context a directory has
#
# Set labels only on directories you created!
# To set a label use the following: chcon -t samba_share_t /path
#
# If you need to share a system created directory you can use one of the
# following (read-only/read-write):
# setsebool -P samba_export_all_ro on
# or
# setsebool -P samba_export_all_rw on
#
# If you want to run scripts (preexec/root prexec/print command/...) please
# put them into the /var/lib/samba/scripts directory so that smbd will be
# allowed to run them.
# Make sure you COPY them and not MOVE them so that the right SELinux context
# is applied, to check all is ok use restorecon -R -v /var/lib/samba/scripts
------------------------------------------------------------------------------

なるほど・・・。
早速次のコマンドを入力。
setsebool -P samba_domain_controller on
setsebool -P samba_enable_home_dirs on


結果、アクセス出来るようになった。
セキュリティ強化するといちいちめんどくさいっすね。本当に。


ちなみに私の場合、特定のディレクトリを特定の名前で設定したかったため、

[Windowsでの表示名を書く]
path = Linux側の共有に用いるディレクトリパスを書く
writeable = yes

こういう記述にしました。
[homes]とか全部コメントアウトです。


後はここのディレクトリ以下に2TBミラーリングHDDをマウントすれば…。
だが、来ないHDDケース。封を切られることなく眠り続けるHDD。

| 情報技術 | コメント(0)

割とどうでもいい情報

今日、図書館でちょいと本を読んでいた。
近くの図書館が結構品揃えが良くて好きだ。

そこで、ふむふむ、と思ったことをいくつか。

・IPv4のIPアドレスは2010年5月に枯渇する予測だった。
これは2003年の発表らしい。どこぞの有名な偉い人の発表だとか。
もう5月というと来月。だけど平気だった。
現在IPv4で枯渇してないというと、NATだとかNAPTのおかげだと思うが、
2003年って、その技術無かったんだろうか?
NAT、NAPTの背景を調べてみると結構面白そうかも。

・WiMAXについて
最近話題のWiMAX。WiMAXは固定用とモバイル用(持ち運び用)の2方式あるらしい。詳しくは忘れた。
WiMAXは時速120kmの速度の乗り物までならば、通信大丈夫らしい。
そうなると新幹線とかってダメってこと?
むしろ気になったのが、今までって乗り物の速度制限ってあったのか?
WiMAXの登場によって、IPv4のIPアドレスの枯渇に拍車をかけるらしい。
WiMAX接続マシンはグローバルIP割り振られるわけだから、確かにそれは予測できる。
まぁどっちにせよ、IPv6は近々主流になるんじゃないかと。
といっても企業の動き見てると、そう簡単にはいかないだろうが…。

| 情報技術 | コメント(0)

ねこ

この画像がすごく、気になる。

| 未分類 | コメント(2)

333拍子

GW。ゴールデンウィーク。

ゴールデンウィークの私の予定が、

3連休、仕事、3連休、仕事、3連休となった。


ワルツかよッ!


そうだ、京都へ行こう。

| 日記 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。