スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

アクセスログ

サーバを常時稼動していると、さまざまなアクセスログがある。
怪しいアクセスに関しては、国外からが多い。
最近は中国が多いが、フランス、アメリカなど、さまざまな国からのアクセスがある。

アクセスログを見ていると、色々と攻撃を仕掛けているようなものもある。
たとえばこんなログがある。

"GET /w00tw00t.at.blackhats.romanian.anti-sec:) HTTP/1.1" 404 318 "-" "ZmEu"
"GET /phpmyadmin/scripts/setup.php HTTP/1.1" 404 305 "-" "ZmEu"
"GET /myadmin/scripts/setup.php HTTP/1.1" 404 302 "-" "ZmEu"
"GET /mysql/scripts/setup.php HTTP/1.1" 404 300 "-" "ZmEu"

私のページ上から上記ファイルを参照しているログ。
PHPの設定関係のファイルをアクセスしようとしているらしい。
詳しくはわからないが、権限を奪おうとしているようにみえる。


次に興味深かったログ。
"GET http://中国の検索サイトURL/ HTTP/1.1" 200 277 "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 95)"

上記のログは、中国の検索サイトURLから私のHPに飛んできたというログ。
つまり中国の検索サイトに引っかかってるのかな?と疑問に思った。
ちなみにアクセスのあったIPアドレスを調べるとブラジルからアクセスしてるらしい。
とっくにサポートが終了したWindows95を用いているらしい。


ログを見ていて感じたことは、自分が普段何気無くアクセスすることについても、
かなりの足跡を残しているのだなと。

IPアドレスがあれば、どこからのアクセスかわかる。
一般人でも、地域はもちろんのこと、プロバイダまで調べることが可能であり、
知人であれば、大体誰がアクセスしているのかわかる。
OS、ブラウザのほか、どのURLにアクセスしたのか、どこから飛んできたのか、
いろいろとわかる。
直リンクを避ける理由の一つ。

インターネットは匿名であるというけれど、
別に調べないから、誰だか分からないかであって、
調べは簡単についてしまう。(もちろんうまく身を隠す手段はあるが)

サーバの管理していくことで、どのような攻撃をされるのか、
今後も見てみよう。


Linuxのネットワーク系、便利なコマンドの紹介。

・whoisコマンド
例)whois IPアドレス

このコマンドを使用すると、IPアドレスを管理しているプロバイダや、
管理しているサーバの場所、管理者の情報が分かる。(管理者のメールアドレスも分かる)
自身のIPアドレスを調べたところ、さんまが有名な区の住所が出てきた。
サーバがある住所なのか、それとも会社の所在地なのか。
IPアドレス検索サイトで用いられているのはこのコマンドのようだ。


・tracerouteコマンド
例)traceroute IPアドレス

このコマンドを用いると、指定したIPアドレスに到達するまで、
どのようなルートをたどるかが分かる。
Windowsでは[tracert] というコマンドが同様につかえる。
ためしに、コマンドプロンプトを開き、
tracert www.google.co.jp
と打ってみると、グーグルのページにたどり着くまでどのようなルートを
たどっているかが分かる。
私の場合、10個のルータ、サーバを経由してグーグルまでたどり着いているらしい。

ネットワーク疎通に異常が発生している際、どこで問題が発生しているか
調べるためによく使用される。


意外と研究室での輪講の知識が役に立っているな。。

| 情報技術 | コメント(0)

井の頭

いい天気だ。
猫の手も貸したいくらい、やることがない。
そんな日曜日。

ふとした思い付きで井の頭公園に行ってみることにした。

何の目的も無く、ぶらぶら歩こうということで、
まずは神保町駅で降り、ぶらぶらと御茶ノ水まで歩いた。

明大通りに差し掛かった際、楽器屋の多さには驚いた。
御茶ノ水は楽器屋が多いことは有名だが、
あまり御茶ノ水を散策したことが無かったため、新鮮だった。

楽器屋はなぜここに集まっているのだろう。明大の学生の影響もあるのだろうか。

もう一つは神保町と御茶ノ水がこれほどまでに近いとは思わなかった。
また一つ点と点がつながった。

御茶ノ水駅の写真。
変換 ~ IMG_9214

中央線で一気に吉祥寺へと向かった。
吉祥寺到着後、初めは井の頭公園とは反対方向へ進んだ。
そこにあったのは、武蔵野八幡宮。
変換 ~ IMG_9215
吉祥寺は武蔵野市。意外と知らない事実だった。

武蔵野八幡宮から井の頭公園へ。
サンロードと呼ばれる道を歩きながら、横手に見えたのは月窓寺。
変換 ~ IMG_9221
人が多い地域ながらも、人が踏み入っていない枯葉の地面はしみじみと感じた。わびさびか。

そして到着した井の頭公園。
紅葉は終わりつつあったが、多くの人がにぎわっていた。
変換 ~ IMG_9232

11月が終わる。冬の日の光の弱さを感じた。
変換 ~ IMG_9241

絵など、自分の作品を売っている人が沢山いた。
変換 ~ IMG_9249
音楽を奏でる人もいた。公園は良い。

変換 ~ IMG_9253

今地図を見て不思議に思ったが、井の頭公園は武蔵野市、井の頭池は三鷹市。
この隣接する土地が、まさか市で別れているとは。

カメラをもって、きれいなロケーションを探しに行く。
もはや趣味になってきた気がする。

| 趣味 | コメント(0)

アップローダとか

以前構築したFTPサーバについて、ここ最近常時運用をしている。
せっかく常時運用しているのに、FTPだけだと寂しい。

そこで、アップローダを作ってみることにした。

FTPとの違いとしては、クライアントソフトがいらなくなり、
ブラウザで使用できるようになるということ。
また、誰でも使用可能になる。

誰でも使える分、著作物のアップロード等される可能性がある。
そうなると私に責任が発生するから要注意だ。
気をつけて運用しよう。


さて、構築する際のメモ書き。
当ページを参考に構築して失敗しても、責任は負いませんのであしからず。

採用したのは、「mod-uploader」というもの。
こちら、Apacheのモジュールである。

以前、フリーのCGIを使用してアップローダを作ったことがあるが、
そのCGIがLinuxサーバだとうまく動かなかった。

そこで、Apacheで使えるよ!という、このソフトを用いることにした。
C++で作られてる分、Perl や PHPのやつより処理が速いらしい。

ここのページを参考に構築。

うちの環境Fedora11の人向けに、どのような手順でやったかを簡単に記録。

①必要なパッケージの入手。(必要なパッケージは参考にしたページに乗っている)
インストールは簡単で、下記コマンドを打つのみ。
yum install [パッケージ名]

こうやって簡単にパッケージ入手が可能なLinuxはすばらしいと思う。

②必要なパッケージがインストールされてるか確認。
下記コマンドを入力し確認。
rpm -q [パッケージ名]

③mod_uploaderのインストール
rpmがうまくいかなかったので、mod_uploader-3.1.1.tgz を入手してインストール。
mod_uploader-3.1.1.tgzのダウンロード後、
適当なディレクトリ(例えば /usr/local/srcとか)に配置し解凍
tar xvfz mod_uploader-3.1.1.tgz

ディレクトリが作成される。そしたらコンパイル。

cd mod_uploader-3.1.1
./configure
make

これでインストールOK。

④mod_uploaderの配置
ホームページによると、apacheのコンフィグにモジュールについて
自動的に記述されると書いてあるが、そんなことは無かった。
必要となるモジュールを自動配置もしてくれなかった。
そこで下記コマンドを入力して、モジュールを配置。
cp -p ./mod_uploader.so /etc/httpd/modules

⑤アップローダ用HTML等の配置
apaheを構築した際に、index.htmlとかを置いているディレクトリの配下に、
アップローダに必要なHTML等を配置する。
cp -rp ./css [配置先のディレクトリのパス]
cp -rp ./img [配置先のディレクトリのパス]
cp -rp ./js [配置先のディレクトリのパス]
cp -rp ./tmpl [配置先のディレクトリのパス]

⑥apacheのコンフィグ設定
まずはコンフィグファイルのバックアップ。
cp -p /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.bak

コンフィグにモジュールの記述を追加。
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

ロードするモジュールについて記述されている部分があるので、
そこに下記1行を追記。
LoadModule uploader_module modules/mod_uploader.so

次に、ここのページを参考に、アップローダのページの構成とかを設定。

UploaderDataDirectory等 の設定については、自分で適当にディレクトリを作成し、
そのディレクトリのパスを記入する。相対パスが望ましいが、絶対パスで問題なし。

私の場合、FTPサーバで用いている外付けのHDDのストレージが余っているので、
そこにディレクトリを作成し、アップロードされたファイルを置く場所にした。
ディレクトリを作成する際は、アクセス権限に注意すること。
よくわからない人は、rwx権限全部与えとけば問題ないと思う。
セキュリティ面がどうなるかは知らないが下記コマンドで設定可能。
chmod 777 [ディレクトリ名]

[参考に]
apacheはアクセスすると、Linux上に存在する、どのユーザとしてhtmlファイル等を参照するか
設定する項目がある。
アップローダに用いるディレクトリには、そのユーザに書き込み権限等を与えないと、
たぶんエラーが発生する。(試してないけど)

UploaderIndexViewTemplate等については、⑤アップローダ用HTML等の配置 で
配置したパスを記入すること。

⑦デーモンの再起動(apaheの再起動)
再起動するには下記コマンドを実行。
/etc/rc.d/init.d/httpd restart
コマンド実行後、起動に[成功]と出ればOK。
早速アクセス。

http://localhost(またはIPアドレスとか)/up/

ためしにファイルをアップロードしてみて、無事アップロードできれば問題なし。
問題が発生した場合は、httpdのエラーログにエラー内容が出力されてるので、
そちらを参考にすべし。


しかし、このモジュールよく出来てると思った。

サーバ構築はちょくちょくするから良いとして、
プログラミング知識がどんどん抜け落ちてる今日この頃。
なんとかしなければなぁと思う。

| 情報技術 | コメント(0)

変わらないもの

「ブログを始めようと思う。教えてくれ。」

ある日、父にそう言われた。
面白そうだったので、頼まれるがままに教えてみた。
キーボードを未だに人差し指のみで打つような人である故、
ブログの使い方を教えるのも一苦労だった。

あまり更新頻度も高くないのだろうと思いきや、
2,3日毎にブログを更新している。

父でありながらも、微笑ましいなぁと思ってブログを閲覧している。


そんな父のブログに、父の古くからの友人と思われるコメントがいくつかついている。
そのコメントのやり取りが、普段私が知っている父とは違っていて面白い。
もう還暦も近づく父だが、そのやり取りを見ていると、
今の私の友達通しのやり取りと大差が無い。

結構最近の出来事になるが、父の大学時代の友人たちが集まり、
やったことといえば、「だるま」に「ラジコン」をドッキングさせて、
「動くだるま!」といい大人(というかおっさん)達が、だるまを爆走させて喜んでいたり。

それを見ていると、時が過ぎたとしても、友達とのノリは変わらないものなのだなと思う。
きっと、今のノリのまま歳を重ねるのだろう。勢いは衰えるかもしれないけど。


歳を取れば変わっていくと思っていたけど、人は案外変わらないものだ。

| 未分類 | コメント(0)

新潟旅行記(主に写真)

11月20日~21日の2日間、新潟へと向かった。
レンタカーを借りての旅。

思えば新潟は通過することはあっても、観光したことは無い。
さて、いったい何があるのだろう。
うまい日本酒と食べ物があればそれでも十分だが。


7時に池袋をスタートし、新潟市到着は12時くらいだった。
始めは有名らしいタレカツ丼を食べた。うまかった。
タレがいいね。ボリュームもすばらしい。

次に向かったのは村上。
新潟の越後、つまり新潟市の北側。

駅前の建物。
変換 ~ IMG_9054

観光地として力を入れているようだが、なかなかの田舎っぷりだった。

田舎のこういう感じが素敵。
変換 ~ IMG_9056

ここは干した鮭がいっぱい。
変換 ~ IMG_9071
有名だそうで。結構迫力がある。

村上から南下している最中、夕日が沈む海を見ることを目的としていたことを思い出し、
急遽海岸へ向かった。
変換 ~ IMG_9092
ぎりぎりセーフ。というか、晴れていたこともあって非常にきれいだった。
この日は満月の前日で、まん丸のお月様が日が沈むのとは対照的に、
輝きを増していく様は非常に美しかった。
右奥にうっすらと見えるのは佐渡。

宿での宿泊。これは部屋にあったお菓子。
変換 ~ IMG_9099
しかし、宿のメシは非常にうまかったな。さすが新潟。

村上で買った地酒。
変換 ~ IMG_9109
太洋盛等。
日本酒の原酒が二本。原酒は文句なしに美味いね。
でもお酒弱い私には少々きつい感じもしました。(度数は20前後)
強いお酒好きだけどね。
原酒はロックで飲むといいらしいが、やったこと無いな。やってみたい。


さて2日目。
宿泊先は弥彦。

朝起きて、うまい朝飯を食べて、早速、弥彦神社へ。
変換 ~ IMG_9119

この日は菊祭りの最中で、美しい菊が沢山あった。
変換 ~ IMG_9127

変換 ~ IMG_9137

そして、なんといってもこの時期といったら紅葉。
良いタイミングだったようで、非常に美しい紅葉が見れた。
変換 ~ IMG_9144


弥彦神社近くのロープウェーに乗って山頂へ。
変換 ~ IMG_9152
確か高度634mだったか、結構高い場所で、紅葉のグラデーションが見事。

山頂は360度見渡せるようになっており、反対側は海。
変換 ~ IMG_9155


その次に向かったのは弥彦公園。
向かう途中、どうやらここは新潟の超メジャー観光地なのか、
新潟ナンバーの車が1キロくらいの渋滞を作っていた。

公園に到着。
これがまた見事に紅葉が映えている公園だった。
変換 ~ IMG_9167

変換 ~ IMG_9174

変換 ~ IMG_9178


紅葉を満喫した後はメシ。
やはり新潟といったら魚介類。

新潟のアメ横?の寺泊。
変換 ~ IMG_9195
アメ横並みの賑わい。しかし東京のアメ横よりずっと魚介類はうまい。

ノドグロ。
変換 ~ IMG_9188
あっさりした味わいに、塩のしょっぱさがマッチして絶品。

他にかに汁やら、赤魚やら、サザエやら、地ビールやらとたらふく食べ満足。

近くの海岸へ行ってみる。
変換 ~ IMG_9198
冬の海岸は美しい。
きっと夏は混むのだろう。

謎の像。
変換 ~ IMG_9201


その後、ドライブをしつつ湯沢へ。
途中見えたアルプスの山々は雪化粧をしていた。
変換 ~ IMG_9206


湯沢で温泉に入り、最後はそば。
変換 ~ IMG_9213
へぎそばだったかな?こしがきいててうまい。
美味い蕎麦って本当にいいよね。大好物。


そんな感じの旅行を終えた。
メシも酒も鮭も非常にうまいし、あまり期待してなかった紅葉もすばらしくきれいで
いい旅行だったなと。

来年の秋はどこへ行くのやら。今から楽しみ。

| 旅行 | コメント(3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。