スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

鬼怒川・日光

ちょっとさかのぼり、鬼怒川温泉、日光に行ったときの日記。

8/11~8/12の2日間で鬼怒川温泉に行った。
久しく旅行に出ていなかったため、フラストレーションがたまっての行動だった。

鬼怒川温泉へは、浅草から電車1本でいける。
東部鉄道のスペーシアを利用して、2時間程度。

到着して特にやることもないので、龍王峡自然研究路を散策することにした。
鬼怒川温泉駅からはすぐの距離にある。

歩いてすぐに見えてくるのが虹見橋。
変換 ~ IMG_2109

そして虹見の滝。
変換 ~ IMG_2117

晴れた日に、虹見橋から虹見の滝を見ると、虹がかかってみえるそうな。

この峡谷はなかなか面白い地形をしている。
岩好きにはたまらないだろう。

滝の上からの写真。
変換 ~ IMG_2141
分かりにくいがこの先に30mくらいの滝が広がっている。
足元が悪く、なかなか危険だった。

美しい岩波が続く峡谷だった。
変換 ~ IMG_2145


その日のお昼。
変換 ~ IMG_2173
鬼怒川温泉では湯波が有名らしい。
京都では「ゆば」は漢字で「湯葉」と書くが、日光あたりでは「湯波」と書くらしい。
写真を見て分かるとおり、ゆばの塊が出てくる。京都のゆばよりおいしいと思った。
温泉麦酒はまだ作られたばかりの新商品だそうだ。

さて2日目。
全くやることもなかったので、日光へ行ってみる。
電車に乗って、30分程度だっただろうか。
変換 ~ IMG_2215

新しい電車らしく、きれいだった。
変換 ~ IMG_2222

日光についてみると、相変わらずの人の多さだった。
変換 ~ IMG_2244

雨が降ったりと天気はあまりよろしくない。
変換 ~ IMG_2267

徳川の家紋がちらほら見られる。
変換 ~ IMG_2291

東照宮帰りに買ったビール。
変換 ~ IMG_2297
どうも数量限定生産らしい。
これが非常に苦いビールだった。黒ビール系の味。
思えば日中から飲んでばかりだ。


そんな感じの2日間。
山を歩いてビールを飲んで、温泉に入ってビールを飲んで、
寺を歩いてビールを飲んで、温泉に入って帰宅となかなか優雅な旅行であった。

今回初めて一眼レフのカメラを持ち歩いてみたが、これがなかなか難しい。
帰ってきて写真を見てみたら失敗写真ばかりだった。
ちゃんと撮り方考えないといけない。

| 旅行 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。