スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

RaspberyPi構築 最初のほう

久しぶりに旅行記以外。

なるべく毎日ブログを書こうと思いつつ、なかなか続かない。
何でか理由を考えたとき、1回の負担が多すぎるからと気づく。
そこで毎日5分~10分という時間制限をつくり、書くことにした。
そしてある程度記事がまとまったらしかるべきところにまとめる。

内容は日記ではなく、何かしら得た情報とその考え等を書けたら、
後で見返したときに意味があるなと思った。
Twitterに雑学をポロポロ記載しているが、なるべくこっちに。


最近、空き時間を作ってRaspberryPiを用いてZabbixサーバを構築している。
RaspberyPi購入時の記事はこちら。

前はFedoraベースのPidoraというディストリビューションで構築していたが、
重いというのと、自宅のメインサーバはFedoraということで、新しいのに触ってみたいという
思いもあり、DebianベースのRaspbianを選んだ。

OSを入れるまでの手順は前の記事と同じで、Ubuntuのマシンを用いてddコマンドでSDカード
OSイメージを書き込む。考えてみると自宅に色々なマシンがあるな。。

Raspbianの起動直後は色々と初期設定するところから始まる。
ここは簡単な英語なので、それに従って設定するだけ。
GUI起動か、CUI起動かはここで選べる。もちろん起動後に変えることもできる。

はじめ、CUIログインで起動したところ、ログインできないという問題が発生した。
初期設定画面でパスワードを設定するのだが、っそのパスワードを入力してもログインできない。
IDはrootでいいんだよな?と思いつつ、何度もやても駄目なので、あきらめてOSを入れなおすことにした。

今度はGUIで起動するように設定し、システムを起動。
ログイン画面も無くいきなりデスクトップ画面が表示される。
で、ログインIDを調べたらPiというIDでログインしていた。
どうやらそういう仕様だったらしい。

RaspbianははじめからSSHサーバが起動状態になっている。
自分専用のログインユーザを作成してCUIにチェンジ。

RaspberryPiはCPUのクロック数は700MHzと、非力な演算速度だが、
結構立ち上がりは速い。
さすがは軽量さに定評のあるDebian。
ちなみに、初期設定の画面でオーバークロックすることも可能っぽい。
そういうメニューがあった。

DebianはARMをはじめ、Intel、SPARCから組み込み系まで、色々なアーキテクチャに対応している。
歴史も古い。最も有名なのはUbuntuだろうか。

GUIの立ち上がり直後、メモリ使用量を見てみると100MB程度。
CUIで起動するように設定したところ、50MB程度とやはり軽い。
RaspberryPi自体は512MBしかメモリが無いので、なるべくメモリ使用量は抑えなければいけないわけで、
OSがこの程度で収まってくれるとありがたい。

そんな感じでちょこちょこ構築中。
Debianはコマンドやランレベルやサービス・パッケージの管理など、慣れているRedHat系と全く違うので、
結構苦労したが、徐々に慣れてきた。

| 情報技術 | コメント(0)

屋久島旅行記4 屋久島1周

さて、屋久島1周したときの記録。

白谷雲水境を降りて10時くらい。
汗だくだったのでまずは風呂に入りたいと適当に温泉を見つけて行ってみる。
言ったところは湯之河温泉とちっこい温泉。
外人さんが一人のんびりと入っていたのが印象的。

その後まずは飯を食わねばと、
変換 ~ IMG_3072
屋久島で取れた豚を使っているらしい。疲れた体にこのボリュームうまし。

特に目的地も思いつかなかったため、車を走らせている最中に適当に観光地を見つける。
看板でモッチョムという気になる文字が何度も出てくる。
で、行ってみる。

変換 ~ IMG_3073
千尋(せんぴろ)の滝という場所らしい。かなりダイナミックな景観だ。

その後だらだらとあてずっぽうもなく車を走らせる。
海入りたい!という気持ちもあったので、海水浴場を探す。
で、出てきたのが塚崎タイドプール。なんでもシュノーケリングのスポットらしい。
変換 ~ IMG_3087

ここで困った。私の水着が見つからない。
海はいるから絶対持ってくるように、と自分が言っていたのに自分が忘れるという。
ここまで来て入らないのはいやだ。ではどうする。
海水パンツが無ければパンツで入ればいいじゃない。
というわけで、パンツ(トランクス)で海に入った。
なに、海水という文字がついてないだけで同じパンツだ。問題ない。

海水温度は結構暖かく、泳いでいるだけで気持ちがいい。
魚もそこそこ見れた。
変換 ~ IMGP0586
よくいる青いやつ。

近づくと威嚇してくる、ちょっとびっくりする魚。
変換 ~ IMGP0585

これも南の海によくいる魚。
変換 ~ IMGP0583


たっぷり泳いだ後、車レンタル返却時間も迫っていたので、
あまり立ち寄らずにレンタカー屋へ向かう。
途中、細く長く、ドライビング技術を試されるような道もあったが、
無事進んでいく。

このまま帰るのも味気ないので途中寄った灯台。
変換 ~ IMG_3089
屋久島灯台という場所らしい。
青空に白色は映えますね。

そして帰宅。
もう屋久島満足したよなー。もう帰ってもいいよな。なんて話していたが、
翌日は縄文杉。20キロくらい歩くという。

早めに寝て、翌朝また3時くらいに起きる。
この日がペルセウス座流星群極大の日。
変換 ~ IMG_3093
運がいいときは10秒にに3個くらいの流れ星が見れた。
ホワイトバランスいじって青っぽい感じにしたほうがノイズ目立たず見やすいね。
左下が天の川。

背景いれてみたり。
変換 ~ IMG_3103
やっぱレンズ性能に限界があるなって感じた。
オリオン座を探してみよう。



そして、このあとは縄文杉を目指す。


おまけ。
嵐の後(と思ってたら秋雨前線あとだった)に、これは虹がかかるに違いないと
適当に自転車を走らせる。

結果的に虹は見れなかったが、大雨後特有の綺麗な空が見れた。
変換 ~ IMG_4051

変換 ~ IMG_4057
お祭りできて良かったね。

変換 ~ IMG_4068

変換 ~ IMG_4071
上方の柱に伸びる影が印象的だった。

前に夜景の写真を撮った、個人的にお気に入りスポット。
変換 ~ IMG_4082

今シグマレンズとキャノンレンズ持ってますが、レンズそれぞれにやっぱ特性ありますね。
今後意識して撮っていこう。

| 旅行 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。