スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

owncloudのアップグレード(メモレベル)

うちのサーバで管理してるクラウドストレージ、owncloudをアップグレードしました。
もともとVer4を使っていたのですが、最新版はVer6なようで。

簡単に検索してみたところ、アップグレード情報があまりなく、
自分で適当にやってみました。その記録です。
※もし下記手順でデータが破損などしてしまった場合、責任は一切負えません。自己責任で実施してください。
結局アップグレードというよりかは再インストールですね。。

【注意点】
owncloudはVer4はmysqlによるDB管理だったのですが、Ver6からはsqliteに変更されているようです。
したがって、ファイル一覧は引き継げませんでした。ログインユーザの情報も引き継げませんでした。
ただし、'datadirectory'の配下にファイルを置くと、
ブラウザからログインしてファイル一覧が表示されるようになっています。
DBによるファイル一覧の管理が無くなったようです(多分)
今後はowncloudのサービス経由しなくても、直接'datadirectory'の配下にファイルをおくこともできるようです。

他、設定ファイルはVer4ではデフォルトは'/etc/owncloud'配下にありましたが、
ApacheのDocumentRoot配下に移動したようです。
また、アクセス制限などは'/etc/httpd/conf.d/owncloud.conf'等に書いていたかと思いますが、
.htaccessを利用する方式に変わっているようです。(? )←ちゃんと調べてない


ちなみにうちのサーバはFedora 19です。

①リポジトリを登録
Fedora標準のリポジトリを使っていると、勝手にVer4が入るようなので、
以下のリポジトリを追加します。
http://download.opensuse.org/repositories/isv:/ownCloud:/community/
上記ページから、自分のディストリビューションにあったものを探します。
Fedora19であれば、
/Fedora_19/isv:ownCloud:community.repo
になります。
リポジトリを管理しているディレクトリに移動し、
cd /etc/yum.repos.d/
wgetコマンドでリポジトリをダウンロード
wget http://download.opensuse.org/repositories/isv:/ownCloud:/community/Fedora_19/isv:ownCloud:community.repo

②一度owncloudをアンインストール
アンインストールせずにインストールやアップデートしようとすると、依存関係でエラーをはきます。
一度消す必要があるらしいです。(あまり調べてませんが)
yumコマンドで消します。
yum remove owncloud

③再びowncloudをインストール
yumコマンドでインストールします。
yum install owncloud

④設定ファイルを変更します。
ここから先は強引に進めてますので、正しいやり方がある気がしますが、、
設定ファイルはApacheのDocumentRoot配下の
'owncloud/config/config.php'にあります。
ファイルを開き、自分の好みの設定に変更します。
自分の場合は外付けRAID1のディスクがあるため、そこにdatadirectoryを指定しています。
(ここにdbtypeの指定があるため、sqlite以外にも変更できるかも?)

⑤datadirectoryを変更していた場合は、格納先ディレクトリの準備をします。
所定の場所でディレクトリを作成し、
mkdir "ディレクトリ名"
所有者、実行権限を変更します。
chown 所有者:グループ "ディレクトリ名"
chmod 770 "ディレクトリ名"
httpdのサービスを動かしているユーザにアクセス権がないといけません。
普通につかってればapacheユーザですね。

あとはdatadirectory配下に.htaccessを用意する必要があります。
これはデフォルトのdatadirectoryにある.htaccessをコピーしてきちゃえば早いです。

⑥httpdサービスを再起動します。
service httpd restart
ちなみに、Fedora19はSysVinitからsystemdにかわってまして、
以前Fedora18くらいの時はサービスの再起動はsystemctl restart httpd.service なんて
入力しなければいけなかったような気がしますが、またserviceだけで実行できるようになりましたね。
実際にはserviceコマンド使ってもsystemctlコマンド実行されてますが。

これで一応アップグレードは完了です。
以前のデータをdatadirectoryに持ってくればOKです。

バージョン変わって結構見た目が変わりましたね。
Ver4は安定してないところもあったので、期待してます。

この記事は、owncloudについてほぼ調べず、あまり考えずに20分くらいでやってしまったため、
いろいろ誤りがあるような気がします。
もし、誤りに気づいた方がいれば訂正コメントいただければと思います。


【追記】
あとからdatadirectoryにファイルを追加すると、認識はしてくれることもあるのですが、
どうも動作が不安定なため、もう一度入れなおしたほうが無難です。

| 情報技術 | コメント(0)

筋トレ トレーニングメニュー考えてみた

先日、本屋で筋肉トレーニングに関する本を読んでいました。
そこには興味深い記事がありました。なんでも、
『1つの部位の筋肉トレーニングは週2回がBEST!』

研究によると、週1回、2回、3回で行ったところ、結果として2回がベストだったとのこと。
3回より効果があるということには驚きました。

一度筋トレを行ってから、48〜72時間休息を設けるのがベストとのこと。
また、休みすぎるのもだめで、上記の時間は筋肉の修復が終わるくらいの時期らしく、
その修復が終わるくらいの時期に再び負荷を与えるのがとても効率的とのこと。

トレーニングで鍛える部位のローテーションを組むのがいいみたいですね。
それらを踏まえて、自分なりのメニューを考えてみました。
多分1日10分もあれば終わるメニューです。短時間に集中的にやるのがいいと思います。
もしトレーニングをしてみたい人がいれば参考に。

[必要なもの]
・ダンベル
(ダンベルの重さについては前回の記事を参考にしてください)

【月】
腕:スタンディングダンベルカール (参考リンク
足:フルスクワット (参考リンク

【火】
肩:ダンベルサイドレイズ (参考リンク
腹:ツイスティングシットアップ (参考リンク
  レッグレイズ (参考リンク

【水】
胸:プッシュアップ (参考リンク
背:ダンベルロウ (参考リンク

【木】
腕:ダンベルスクリューカール (参考リンク
足:フロントランジ (参考リンク

【金】
肩:ダンベルラップライトロウ (参考リンク
腹:クランチ (参考リンク)
  サイドベンド (参考リンク)

【土】
胸:プッシュアップ (参考リンク
背:ライイングバッグアーチ (参考リンク


日曜日は思いつかなかったので、適当に。
この他、ランニングを2日に1回ペースでしようかなと。
ランニングを続けていて思ったのは、始めた当初は筋力つきますが、
やはり自分の体重程度だと途中からあまり筋肉つかないですね。
軽いランニングは疲れをとるのにも効果的なので、お勧めです。

ダンベルを使わないトレーニングは基本的に自重でのトレーニングですが、
自重だとどうしても限界が来ます。
ダンベルを持った状態でトレーニングしたり、私が持っているような10Kgベストなどを購入し、
自重を増やしてトレーニングすると効果的かと思います。

一番いいのはトレーニングジム行って機械使うことですが、それだとお金と時間かかりますね。
これやってるだけでもかなり力はつくかと思います。

| 未分類 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。