スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

富士登山

8/2(土)の夜スタートで富士山に登ってきました。
今回は会社の元上司に誘われての登山でした。
IT業界、わりとアウトドア多いです。

8/2(土)この日は朝からテニスやったり自転車20キロ乗ったりして、
夕方に富士山へ移動しました。
バスに乗って、20時ごろに富士宮口5合目の登山口に到着。

変換 ~ IMG_6105

夜景が見えます。三脚もないのでぶれてます。
天の川も見えました。
遠くのほうで2箇所、花火が上がっているのも見えました。
五合目で標高は2380m。この時点でかなり寒かったです。

上り始めは21時でした。富士山に登るのは3回目なのですが、夜に上るのは初。
ヘッドライトをしても、視界がほぼないので、なかなかスリリングです。
富士宮ルートをスタートし、途中で宝永山に行ったりしつつ、御殿場ルートに入りました。
富士宮ルートよりきついルートだったのですが、あまりこんでいなかったです。
世界遺産になってからは渋滞と聞いていたので、結構驚きました。

宝永山へ行くまでのルートは周りに誰一人としていなく、
自身の電気を消せば、夜空に広がる満天の星空を眺めることができました。
山小屋もまったくなく、真っ暗なので本当にすごかった。

GPSでログをとってみました。
log.png
今回登山自体がほぼ初という方もいたため、山頂までは7時間30分と結構なスローペースです。
おかげさまで高山病にはならなくて済みました。
前回は高山病にかかって死ぬほどつらかったので、その辺は良かったです。
ただ、今回は昼に仮眠もとってなく、徹夜登山だったので、途中かなり眠かったです。

重さ1キロある一眼レフをかついで登っていたものの、取り出す元気もなく、
飛んで山頂の写真。

ご来光にはぎりぎり間に合いました。
変換 ~ IMG_6123

結構人がいます。
変換 ~ IMG_6134

時間が経つにつれ、赤からオレンジ、そして黄金色へと変わっていきます。
変換 ~ IMG_6179

日の出と逆の方向を覗けばそこには虹がみえました。
変換 ~ IMG_6180
神秘的な光景でした。
ついでに影富士も見えます。

奥に見えるのが伊豆半島。
変換 ~ IMG_6194
伊豆半島結構大きいはずが、富士山から見ると小さな半島に見えますね。
ちなみに撮ってる最中気づかなかったのですが、レンズが少し曇ってたようです。。ショック。

西側の写真。奥に見えるのは駿河湾です。
変換 ~ IMG_6202

そして下山開始。帰りは完全に御殿場ルートです。

中央左側にある駐車場がゴール。距離は大体8kmだか9kmくらいあるようです。
標高差は2300mなので、標高差1350mの富士宮ルートと比べるとかなり下ります。
(ちなみに富士宮ルートは距離4.2kmくらいらしい)
変換 ~ IMG_6207

下っている最中のしばらく虹が見えました。
変換 ~ IMG_6213
横に伸びる射光がきれい。


今回御殿場ルートを通るのは初めてだったのですが、このルートには大砂走りというのがあり、
これが非常に楽しかった。

名前のとおり、走って下ることのできる山道です。
地面がかなりやわらかく、一歩踏み込む毎にかなり足が砂に埋まります。
斜面に向かって思いっきりジャンプしても、かなりクッション性のある地面なので、きちんと着地できます。
角度は急なところでスキー場の中級コースくらいあるので、
全力疾走すると止まれなくなりますが、かなりスリリングで楽しい。
全力疾走後に止まろうとすると吹っ飛びます。(吹っ飛んでも地面がやわらかいのであまり痛くないです)
GPSの記録によれば最速だと時速20キロで走っていたようです。

手元にある地図の情報によれば、大砂走りのスタートが標高3000mくらいで、
それが2000mくらいまで続くので、1000mくらい一気に駆け下ります。
下山時も荷物が5kgくらいあったっぽいので、疾走すると太ももがやばいです。
一気に下る感じがとても面白いので、下山するときはこのコースがお勧めです。

帰りはバス。新宿までの高速バスが1700円くらいと安かったです。
帰宅後すぐにテニスをしに出かけましたが、ほぼ寝てない割りに元気でした。
筋肉痛もあまりなく、普段から運動しとくのって大事だなとしみじみ。

帰ってきての感想として、正直なところしばらく富士山はいいかなという感じです。
登ってる最中はかなりつらい。空気も薄くて少し体を動かすだけでも息が上がる。
一歩一歩踏み出すのもつらくなってくる。
山頂まで行けば絶景ですが、ほかの山と比べると
少々面白みに欠け、苦行が続くマゾい山です。

でも人生のうちに1度は登っておくべきだと思います。
いつか登ろう、じゃなくて、なるべく健康なうちに登っておいたほうがいいです。
いつ体を壊すかなんてわかりませんから。
登りきれば異世界が広がってます。

関係ないのですが、今後技術系記事はこっちに書きます↓
http://blog.sova-lab.com/

| 旅行 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。