スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

仮想

試験用マシンの環境が整ったので、VMWareを入れてみた。

複雑なのかなとか考えていたけど、すごく簡単ですねこれ。
マニュアル無しに直感的に結構いけます。


私が入れてみたのは、理由あってOpen Solarisです。

Open Solarisのリンク

isoイメージをDLしてきて、CDに焼く、
またはisoイメージをそのまま読み込ませてインストールすることも出来ます。

OpenSolarisの場合、インストールするオペレーティングシステムの選択で、
オペレーティングシステム:Sun Solaris
バージョン:Solaris10(ビット数は任意)
で、インストールするとよさそうです。

ここのサイトを参考にしました。

ちなみに、VMWarePlayerじゃなくて、VMWareServerにしてみました。
違いは同時に複数OSを動かせるか否かだとかあるようです。


VMWareを使用するときの注意点は、Firefoxはやめたほうがいいという点ですね。
FirefoxでOSインストールをしようとすると、
cannot access virtual machine console.
とかエラーメッセージが出ます。

レンダリングエンジンの問題なのか、IETabで解決しました。


いろいろと遊んでみますね。
スポンサーサイト

| 情報技術 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://poppyh.blog40.fc2.com/tb.php/143-b5fd1593

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。