FC2ブログ

趣味の記録とか

趣味記録用ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dはいらない

2011年 06月12日 23:40 (日)

土曜日の深夜。あれは4時くらいだったか。
夜更かしをしてPCをいじっていた。
ここ最近は暑いことから、いつも窓を全開にしている。
クーラ嫌い+夜風が好きな私としては、これが夏のスタンダード。

ふと気付くと、何か煙のようなにおいがする。
モニタから目を離し、後ろを振り向くと、部屋に煙が充満していた。
それはもう、視界が悪いレベルで、部屋が煙に満たされていた。

何事か、と思い外を見てみる。
そしたら、なんとマンションの隣人がベランダで花火をしていたのである。

カップルと思われる笑い声と花火のバチバチとした音。
あまりにも常識外れ過ぎて、一瞬事態を受け入れられなかった。

事態を把握した後、沸いてきた感情は怒りではなかった。
なんだか楽しくなってしまった自分がいた。
自分のことでありながらもこの感情は不思議だと思った。

なにはともあれ、部屋が煙ですごいことになった。
天井を見上げると、煙探知センサーがある。
まさか、これが反応したらまずいぞ・・・。

窓以外に玄関のドアも開放し、段ボールであおいで煙を追い出す。
ほんと、勘弁してください。



そんな休日だったが、その日、パイレーツオブカリビアンの新作を見に行った。
感想として、前作を見てなかったゆえに、登場人物が分からなかった。

あと3Dについて。
この映画は3D版を見た。

もう多くの人が考えていることかもしれないが、やはり3Dはいらないと思う。
いくつか3D映画というものを見てきたが、
映画を見てる最中に、毎回メガネをはずしてみているタイミングがある。

単純にメガネは邪魔だ。それと、映像にやっぱり集中できない。
慣れというものもあるのかもしれないが、どうしてもあれは疲れる。
画面は暗くなるし、目に違和感を感じ続けながら映画を2時間もみることはつらい。

最近の映画は3Dにはすれど、3Dを活かそうと作っているとは思えない。
唯一、アバターに関しては3Dで良かったと思ったが、他の映画は、
3Dもついでに用意してみましたとしか感じられない。
3Dを活かした演出がほぼ無いし、それだったら3Dの意味がまるでない。

おそらく、近いうちにこの3D需要は無くなると思う。
画期的なアイディアがあれば別だが、今の流れのままだとおそらく無くなる。

3D映画を作っているといる理由は「3Dを作れば売れる」というより、
「売れるようにいっぱい作って流行らせる」という戦略的な部分もあるわけで、
ここまでコストを費やして、これだけ時間が経ってもいまいち流行っていない感じがある故、
やはりなくなっていくのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。