スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

SSD RAID0と残念な事の顛末

自宅のPCにUbuntuの環境作りたいな、
そんなことを結構前から考えていた。

どうせなら、早いマシンを作りたいな、と思ったので、
RAID0で組んでみることにした。もちろんSSD2台を使って。
せっかくWindows7もOSを持っているので、RAID0のディスク上に
デュアルブートの環境を作りたいと考えていた。


本日、秋葉原へ下調べのつもりでSSDを見に行った。
マザーボードが対応しているかとか全く調べてない状態だったが、
1台で9千円位だったので、ダメだったらダメでいいかなと勢いで2台購入。
128GBのSSD2台が手に入った。
SSDについては店情報によるとRead/Writeともに、500MB/sの速度を超えていた。
HDDは早くても100MB/sくらいなので、1台だけでもかなり早い。

ネット上の情報を見たところ、RAID0で組むと、単純に倍速になり、
1GB/s位になったという記事を多く見かけた。


帰ってきて早速構築してみる。
調べてみたら、私のマザーボードはRAIDに対応しているらしい。
私のマザーボードはASUSのP7P55D-Eというやつで、
前に組んだのは2010年の6月ということで、もう3年近く前のマシンとなる。古い。

PCを久々に分解し、SSD2台を設置。
起動後RAIDのメニューを表示し、SSD2台をRAID0に設定。


デュアルブート環境にするには、Windowsを先にインストールして、
そのあとUbuntuを入れると楽だ。
後から追加するUbuntuが勝手にブートの設定を入れてくれる。

そんなわけでまずはWindowsをインストール。
インストール画面の途中、ディスクの容量が表示される。
約250GB。おお、きちんとRAID0として認識されている。

そんな感じで、特にRAIDを意識することもなく、インストールは完了。


次にUbuntuをインストールしてみる。
さて、ここで問題が生じた。

Ununtuはディスクブート後は普通にUbuntuのデスクトップ画面が表示され、
そのあとデスクトップのメニューからUbuntuのインストールを進めていく感じになる。
その時、もし事前にWindowsが入っている場合、それを検出して、半自動的にデュアルブート環境を作ってくれる。

Ubuntuインストールのメニューにしたがって、Windowsと併用するみたいな選択肢を選ぶと、
エラーメッセージっぽいダイアログが表示された。
メッセージは「??????」との表示で全く何のエラーかわからない。

詳しくパーティション情報を見てみると、どうやらUbuntu側ではうまくDiskを認識していないらしい。
マザーボード付随のRAIDについてはハードRAIDと認識され、OS側では意識することなく使用できると考えていたが、
どうやらそれは間違いだったらしい。
ソフトRAIDとしての認識をしているように見える。

一応RAID0のディスクとして認識はされているようだが、/dev/sdaみたいな認識はしていない状態で、
ソフト的にマッピングされているような表示となっていた。
どうパーティションをいじっても、謎のエラーメッセージ「????」が表示される。

ふと思い出したが、そういえば以前ESXiをRAID1で組もうと思ったことがあり、
その時の事前調査でそれは不可能いう結論に至ったことがあった。
ESXiがディスクをRAIDではなく別々のディスクとして読み込んでしまうということらしい。
今回は似たようなことが原因な気がする。ESXiもどうせLinuxあたりで組まれてそうだし。

もっと深くまで探求すればできないことも無さそうだが、酒を飲みながらやっていたというのもあって、
力尽きた。

もともと今までもSSD1台をつかってWindowsを動かしていたということで、
今回の件で合計3台のSSDがある。
じゃあ余った1台にUbuntuを入れてしまおうと。
この方法ではUbuntu側はRAID0とはならないので、何のために今回SSD2台買ったのかよくわからなくなるが。。


別のディスクに入れるということで、何の問題もなくUbuntuのインストールは終わった。
が、いちいちBIOSの設定でブートディスクを変更することになるのか、となんともめんどくさい状態になってしまった。


結局動く形になったが私は悩んでいた。
今後メインはUbuntuにするはずなのに、使用頻度が減るWindowsだけを爆速にして意味はあるのか?と


まぁいいだろう、ということでとりあえずWindows側でディスクI/Oの速度を測ってみた。
結果:450MB/s
(´・ω・`)?? RAID0の恩恵まるでないやん。。


原因については特定できていないが、マザーボードの古さが悪いような気がしている。
RAID0にしている意味ってなんだろう?と頭を抱えていた。


一度PCを停止し、念の為一時的に外していたHDDを設置する。
その後BIOSメニューを見てみると、Ubuntuが入っているDiskがbootディスクとして選択できなくなっている…だと…?


ヽ(`Д´#)ノもうRAID0やめる!

ということで、RAID0もう諦めた。なんか意味もないし。
突き詰めればいろいろ判明しそうな気もするが、いつまでも悩んでいても、、
ノートPCはあれどメインPCがない状態では困る、と。

せっかくハイスピードなSSD2つ入手したので、それぞれ1つずつOSを入れることにする。
昔のSSDに比べて今のはかなり早くなっている。

昔のSSDはアプリケーション入れるようのディスクとして再利用かなと考えている。

結果的に今回は理想の形にもっていくことはできなかったが、
久々にこの辺の技術部分を触った気がする。
いろいろ得るものはあったし、やっぱりこういうのは面白い。
現状に満足せず、いろいろ試したほうがいいなと感じた機会だった。
スポンサーサイト

| 情報技術 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://poppyh.blog40.fc2.com/tb.php/270-a96b74f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。