FC2ブログ

趣味の記録とか

趣味記録用ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

北アルプス登山 3日目

2018年 08月06日 22:27 (月)

北アルプス登山の続き。

3日目。
ルートとしては黒部五郎小舎を出発し、黒部五郎岳に登り、
その後三俣蓮華岳、双六岳を経由して双六小屋へと向かう。

まずは黒部五郎岳。
黒部五郎小舎に荷物を預けての登山。
01_20180806215652eb8.png

黒部五郎岳は氷河により削れた地形、カールがみられる。
カールコースと稜線コースが有り、カールコースが推奨ということで行き帰りともにカールコースでの登山。

この日も朝4時に出発し、山に登る前に日が登り始める。
IMGP1438-0.jpg
先のほうから赤く染まる黒部五郎岳。

山の上に昇る太陽。
IMGP1438-1.jpg

花も赤くなり始める。
IMGP1438-2.jpg

中腹から見下ろすと、削れていることがわかる。
IMGP1438-3.jpg

この日が最も天候に恵まれていて、遠く立山や剣岳なども見ることができた。
IMGP1438-4.jpg

黒部五郎岳山頂からの景色。
川が見れる。
IMGP1438-5.jpg

下山し、日が昇ったあとに見る景色。
IMGP1438-6.jpg

黒部五郎小舎にて荷物を受け取り、三俣蓮華岳、双六岳、双六小屋へ移動する。
02_201808062212423fc.png

道を進む。
IMGP1438-7_20180806220234871.jpg

三俣蓮華岳の山頂。
IMGP1438-8.jpg
ここは非常に周囲の山が見えて、剣岳に穂高岳、鷲羽岳に水晶岳、黒部五郎岳、薬師岳、笠ヶ岳等など、数々の百名山が見える。

鷲羽岳に水晶岳
IMGP1438-9.jpg

続いて、奥に見える双六岳に移動。
IMGP1438-10.jpg

双六岳は残念、ちょうど雲がかかっていた。
IMGP1438-11.jpg

双六岳から双六小屋へと移動。
IMGP1438-12.jpg
風の通り道。

双六小屋に到着。この日、なかなかの混雑具合。
夕食後、夕日に染まる槍ヶ岳が見たいということで、近くの山、樅沢岳を45分コースのところを20分程度で急いで登る。

遠き山に日は落ちて、
IMGP1438.jpg

赤みを失っていく剣岳
IMGP1438_20180806222428dd7.jpg

この日は13kmの程度登山をして終わる。残りは笠ヶ岳。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2018年08月08日 21:31

お疲れ様でした。